おせちの内容について

お正月に家族そろって食べるおせち料理は日本で古くから伝わる伝統行事です。

そんなおせち料理には様々な意味があります。各地方や各家庭によってその料理の内容は違うことがありますが、基本的に詰められているものがあります。それらの料理についての意味について説明します。

まず、紅白かまぼこは赤は魔よけでしろは神聖さを意味し、かまぼこ自体は日の出を意味しています。黒豆は健康でマメに働けますようにという願いが込められています。栗きんとんの黄金色は輝く財宝に例えて豊かで縁起の良いものとして作られます。

数の子は子宝や子孫繁栄を願い、えびは腰が曲がるまで長生きすることのたとえとして欠かせないものです。昆布巻きの昆布は喜ぶの語呂にかけてその一年に喜ばしいことが多くありますようにという願いが込めらえています。

田作りは五穀豊穣を願い、小魚を田畑に肥料として使用されていたことから使われるようになりました。このようにおせち料理には感謝と願いを込めて一家そろって食べることで、その年の繁栄、自分自身がまた一年頑張ろうという気持ちを持つためにも重要なものとして現代もほとんどの家庭で食べられています。

近年は様々な工夫によって子どもにも食べやすい味や見た目などのおせちが展開されており、食の大切さを継承していくためにもとても役立っているといえます。昔の人が思いを込めて始めたおせち料理は忙しい現代人にとっても改めて自分自身を見つめなおし、前向きに生きていけるきっかけになっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です