おせちの豆知識と今年の傾向

若い方でおせちちと聞いても由来とか、その意味が分からない人は多いはずです。

「おせち」とは本来の意味は暦上の節句のことで節句の時に食べる料理「おせち料理」と呼びました。現在では節句の中でも特におめでたいとされる「正月」の料理を表しています。料理は重箱に詰めるのが一般的でめでたいことを重ねると意味があるようです。

基本は4段重ねで1段目から、一の重、二の重、三の重、四の重ではなく縁起を担いで与の重と呼ばれています。最近では早くから予約が始まり9月ごろから始まります。店によっては早い時期に予約が終了してしまうところもあり早めの予約が必要です。また料理は重箱に詰めるのが一般的です。

一の重には口取り、二の重には焼き物、三の重には煮物、与の重には酢のものが入っていると言われています。このことを知っていると料理を食べるときも料理のつめかたなど興味がわいてきます。最近の傾向は商品の価格を据え置いたまま、料理の豪華さがグレードアップしていると言われています。

昨年はアワビやロブスター、蟹等が代表される豪華な食材でしたが今年の傾向としては、特にフォアグロやノドグロ等が食材に加えられた料亭の料理が、引きつづいて特に人気を集めているのではないかと推測されています。

また料亭ほどの認知度はないのですが、ホテルおせちが人気を集めるのではなかいと言う声もあります。次に業界の全体の傾向としては小家族や個食向けもあり、大人数の集まり向けの一段重スイートおせちなど独自性のあるものが登場してきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です