おせちは日本が誇る効率的な食事

正月を迎える日本の古き良き伝統文化として、おせち料理が挙げられます。

作り置きをしておいて大人数で楽しむことができます。おせち料理にはそれぞれ日本独特の意味が込められており、よくできていると感心するほどです。例えば、紅白のかまぼこは日の出を象徴するもので、元旦にはなくてはならない料理です。紅はめでたさと慶びを、白は神聖さを意味します。

伊達巻は古来長崎から伝わったこじゃれた料理です。江戸時代に長崎を経由して江戸に伝わったカステラかまぼこが伊達者たちの着物に似ていたため伊達巻と呼ばれ始めました。また昔は大事な文書や絵は巻物にしていた風習があり、おせち料理には巻いた料理がたくさんあります。

栗きんとんは、豊かさと勝負運への願いが込められています。黄金色に輝く財宝に例え、豊かな1年を祝う意味です。日本中どこでもとれる栗は山の幸の代表格で、勝ち栗といって縁起が良いものとされていました。

黒豆もおせち料理としては有名です。まめは元来、丈夫や健康を意味する言葉です。まめに働くなど語呂合わせからも欠かせない料理とされます。昆布巻も日本料理の必需品で、長寿健康という願いが込められています。

喜ぶの言葉にもかかっており、正月の鏡飾りにも用いられる一家発展の縁起物です。田作りは五穀豊穣を願い、小魚を田畑に肥料として撒いたところから名付けられました。片口イワシの小魚を使った田作りは、関東でも関西でも祝魚三品に数えられています。

数の子もおせちの代表格です。ニシンの卵は二親から多くの子が生まれるのでめでたいと古くから使われてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です